難攻不落SASUKE完全制覇者の4人

SASUKE

みなさんおはこんばんちわ。

TBSの人気番組SASUKE

SASUKE攻略に人生をかける人々の情熱が視聴者を引き付け

筆者も小学生の頃から、春と秋の楽しみで見ていました。

近年は年1回開催で年末放送が定着し、全39回大会が行われています。

難攻不落と言われ、その長い歴史の中でも未だ4名しかいない完全制覇者を紹介します。

1 秋山和彦

1人目に紹介するのは最初の完全制覇者、秋山和彦氏です。

筋肉番付内で行われた、クイックマッスル全国大会で頭角を現し

準決勝で後にミスターSASUKEと言われる山田勝己に敗れますが、307回の大会最高記録を

記録します。

その活躍が評価され、第2回のSASUKEに初出場し、

有力選手の証の100番のゼッケンを背負い活躍します。

2回大会、3回大会はセカンドステージで脱落しますが

第4回大会で見事史上初のSASUKE完全制覇を達成します。

その後は弱視の影響もあり、ファーストステージで脱落することが増えますが

7年間にわたり完全制覇者は現れず、7年間の間勇逸の完全制覇者でした。

2012年にSASUKEを引退し、現在はアームレスリングの世界王者という

新たな夢を追いかけています。

2018年の横浜赤レンガ倉庫のファイナルにも登場されていましたね。

愛称は、毛ガニの秋山

2 長野誠

2人目に紹介するの2人目の完全制覇者、長野誠氏です。

職場の同僚が見せてくれたビデオでSASUKEの存在を知り

当時活躍していた、ミスターSASUKE 山田勝己に憧れて

出場を決意します。

出場希望の番組宛に送られてきたビデオは衝撃的で

船の高所で命綱もつけずに逆立ち、腹筋、人間こいのぼりをするという衝撃的な内容で

応募ビデオがスタッフの目に留まっての出場となりました。

第7回大会から出場しますが、そり立つ壁でタイムアップとなります。

続く8回大会もそり立つ壁でタイムアップとなり、

そり立つ壁を攻略するために、自宅にそり立つ壁のセットを自作し特訓し

9回大会に臨みます。

見事そり立つ壁を突破し、最速タイムでクリア。

その後サードステージの最終エリア、パイプスライダーまで到達し

惜しくも着地に失敗しますが、最優秀成績者となります。

その後も3大会連続でファイナルステージに進出するなど活躍し

第17大会に悲願のSASUKE完全制覇を果たします。

その後もファイナルステージに進むなど活躍しますが

SASUKE新世代の活躍もあり、最強選手の座は譲ります。

その後32回大会で引退。

しかし38回大会で、コロナで落ち込む世間を元気づけたいとの思いから

電撃復帰を果たします。

結果はドラゴンスライダーでリタイア。

愛称は、史上最強の漁師

3 漆原裕治

3人目に紹介するのは、3人目の完全制覇者 漆原裕治氏です。

本大会に初出場する以前から予選会に挑んでいたが、

本線に出場することができずにいました。

21回大会前の、山田勝己の地元で行われたイベントの記録会で

最速タイムをマークし、SASUKEの出場権を獲得し、21回大会で念願の初出場を果たします。

ファーストステージの、フライングシュートでリタイア。

22回大会は、ファイナルステージまで進出し

完全制覇まで残り1メートルまで迫った所でタイムアップ。

完全制覇は逃しますが、最優秀成績者となり、SASUKE新世代のリーダーと呼ばれるようになります。

23回大会はセカンドステージで不覚を取りますが

続く24回大会で、念願の完全制覇を果たします。

その後の27回大会では、史上初の2度目の完全制覇を達成します。

しかし31回大会から3大会連続でファーストステージ脱落のスランプに陥ります。

引退をかけて臨んだ34回大会では見事、ファーストステージを突破し

36回、37回大会ではサードステージの終盤まで進み、2度目のピークを迎え

現在も活躍されています。

4 森本 裕介

最後に紹介するのは、4人目の完全制覇者 森本裕介氏です。

7歳の頃に、初めて見たSASUKEに心を奪われ、以来SASUKE出場を熱望。

そして15歳で18回大会にて初出場を果たします。

結果はファーストステージリタイア。

出場を続けますがファーストステージを突破することができず。

23回大会~26回大会までは応募をしますが出場資格を得られず。

27回大会では、うんていの日本記録の肩書を引っ提げて復活し

念願のファーストステージ突破を果たします。

28回大会は欠場しますが

29回大会ではサードステージの最終エリア、パイプスライダーまで到達しますが

惜しくも失敗、しかし最優秀成績者となります。

30回大会では最強選手の証、100番を背負い出場しますが

セカンドステージで脱落。

31回大会では就職活動の合間を縫って出場し

念願の完全制覇を果たします。

其の後もSASUKE最強選手として3大会連続でファイナルステージに

進むなど活躍し

38回大会で、2度目の完全制覇を果たします。

現在もSASUKE最強選手として君臨しています。

最後に

SASUKEには何故か、出る人や見る人を引き付ける

不思議な魅力がある番組です。

アメリカでも絶大な人気を誇り、現在ではアメリカ版SASUKEも行われるほどです。

そして現在ではその海外の有力選手も出場したりしていますし。

コロナの関係で、近年は海外の選手は出場できていませんが

またコロナが落ち着いたらみたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました