武豊  年度別成績まとめ

競馬

競馬会のレジェンド、武豊騎手の年度別成績を紹介します。

1987年

69勝 JRA賞 最多勝利新人騎手

新人最多勝利記録を更新しました。

三浦騎手が更新するまで最多記録でした。

1988年

113勝 関西リーディングジョッキー

2年目にして最年少で関西リーディングジョッキーに。

史上最年少でクラシック制覇

G1 菊花賞 スーパークリーク

1989年

133勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手

3年目でJRAリーディングジョッキーに

G1 桜花賞 シャダイカグラ

天皇賞春 イナリワン

宝塚記念 イナリワン

天皇賞秋 スーパークリーク

1990年

116勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手

2年連続リーディングジョッキー、最多賞金獲得騎手に

G1 天皇賞春 スーパークリーク

安田記念 オグリキャップ

スプリンターズS バンブーメモリー

有馬記念 オグリキャップ

1991年

96勝 

メジロマックイーンで天皇賞秋で降着後スランプに陥りリーディングジョッキーの座を

岡部幸雄騎手に明け渡します。

G1 天皇賞春 メジロマックイーン

1992年

130勝 JRAリーディングジョッキー

リーディングジョッキーに返り咲きます。

G1 天皇賞春 メジロマックイーン

1993年

137勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手

再び最多賞金獲得騎手にも返り咲きます。

G1 桜花賞 ベガ

皐月賞 ナリタタイシン

オークス ベガ

宝塚記念 メジロマックイーン

1994年

134勝 JRAリーディングジョッキー 最高勝率騎手

初の最高勝率騎手に輝きます。

G1 桜花賞 オグリローマン

阪神3歳牝馬S ヤマニンパラダイス

1995年

134勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手

G1 安田記念 ハートレイク

オークス ダンスパートナー

1996年

159勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手

岡部幸雄騎手の保持していた年間最多勝記録を更新

G1 オークス エアグルーヴ

菊花賞 ダンスインザダーク

1997年

168勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手 最高勝率騎手 騎手大賞

リーディング、賞金、勝率三部門で1位になり、騎手大賞を獲得。

岡部幸雄騎手以来2人目。

史上2人目の中央競馬全10場重賞制覇達成

G1 NHKマイルカップ シーキングザパール

宝塚記念 マーベラスサンデー

天皇賞秋 エアグルーヴ

1998年

169勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手 最高勝率騎手 騎手大賞

2年連続で騎手大賞を獲得。

日本ダービーを制し、八大競争完全制覇を達成。

G1 桜花賞 ファレノプシス

日本ダービー スペシャルウィーク

秋華賞 ファレノプシス

1999年

178勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手 最高勝率騎手 騎手大賞

3年連続で騎手大賞を獲得。

日本ダービーを連覇。

G1 天皇賞春 スペシャルウィーク

日本ダービー アドマイヤベガ

天皇賞秋 スペシャルウィーク

ジャパンカップ スペシャルウィーク

2000年

130勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手 最高勝率騎手 騎手大賞

4年連続騎手大賞を獲得。

この年はアメリカを拠点に騎乗し日本での騎乗数が少ないながらも、

騎手大賞を獲得。

G1 皐月賞 エアシャカール

菊花賞 エアシャカール

2001年

65勝 フランスを拠点に活動したため、65勝に終わる。

G1 NHKマイルカップ クロフネ

エリザベス女王杯 トゥザヴィクトリー

ジャパンカップダート クロフネ

2002年

133勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手 最高勝率騎手 騎手大賞

この年はフランスに拠点を置き、骨折などの離脱もあり

日本での騎乗数は少なくなるが、騎手タイトルを独占し騎手大賞を獲得。

G1 日本ダービー タニノギムレット

スプリンターズS ビリーヴ

秋華賞 ファインモーション

エリザベス女王杯 ファインモーション

2003年

204勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手 最高勝率騎手 騎手大賞

久しぶりに活動拠点を日本に戻し、前人未到のJRA年間200勝を達成。

G1 フェブラリーS ゴールドアリュール

エリザベス女王杯 アドマイヤグルーヴ

2004年

211勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手 最高勝率騎手 騎手大賞

2年連続JRA年間200勝を達成し、自身の年間最多勝利記録を更新。

G1 桜花賞 ダンスインザムード

エリザベス女王杯 アドマイヤグルーヴ

ジャパンカップダート タイムパラドックス

2005年

212勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手 最高勝率騎手 騎手大賞

3年連続でJRA年間200勝を達成し、自身の年間最多勝利記録を更新。

ディープインパクトでクラシック三冠を達成。

G1 高松宮記念 アドマイヤマックス

皐月賞 ディープインパクト

日本ダービー ディープインパクト

秋華賞 エアメサイヤ

菊花賞 ディープインパクト

ジャパンカップダート カネヒキリ

2006年

178勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手 最高勝率騎手 騎手大賞

G1 フェブラリーS カネヒキリ

天皇賞春 ディープインパクト

NHKマイルカップ ロジック

宝塚記念 ディープインパクト

ジャパンカップ ディープインパクト

有馬記念 ディープインパクト

2007年

156勝 JRAリーディングジョッキー 最多賞金獲得騎手 特別賞

岡部幸雄騎手の通算勝利記録を更新し特別賞を受賞。

最高勝率は安藤勝己騎手に譲り、日本でフルに騎乗したが久しぶりに騎手大賞を逃す。

G1 高松宮記念 スズカフェニックス

天皇賞秋 メイショウサムソン

ジャパンカップダート ヴァーミリアン

2008年

143勝 JRAリーディングジョッキー 最高勝率騎手

年間重賞勝利数3勝と、重賞では結果が残せず

最多賞金獲得騎手を逃す。

G1 フェブラリーS ヴァーミリアン

天皇賞秋 ウオッカ

2009年

140勝 最多賞金獲得騎手

激しいリーディングジョッキー争いに敗れ

長年君臨したリーディングジョッキーの座を内田博幸騎手に。

G1 ヴィクトリアマイル ウオッカ

安田記念 ウオッカ

2010年

69勝 騎手会長に就任。

毎日杯で落馬骨折し長期離脱の影響で69勝に終わる。

G1 ジャパンカップ ローズキングダム

2011年

64勝 前年の落馬の影響から長いスランプに陥る。

自身最低勝利数、最低勝率に終わる。

また長らく続けてきたJRAG1勝利もなく、23年で途切れる。

2012年

56勝 自身最低勝利数、最低勝率を更新してしまうも

2年ぶりにG1勝利し、徐々に復調の兆しを見せる。

G1 マイルチャンピオンシップ サダムパテック

2013年

97勝 特別賞 

97勝を挙げ復活。

日本ダービーをキズナで制し最多記録を更新。

海外、地方、JRAで通算G1 100勝を達成。

G1 日本ダービー キズナ

マイルチャンピオンシップ トーセンラー

2014年

86勝

この年はJRAG1を勝てず。

2015年

106勝 久しぶりに年間100勝を達成。

G1 フェブラリーS コパノリッキー

2016年

74勝 

G1 天皇賞春 キタサンブラック

ジャパンカップ キタサンブラック

2017年

82勝 

ロンジンIFHA国際功労賞を受賞。

G1 大阪杯 キタサンブラック

天皇賞春 キタサンブラック

天皇賞秋 キタサンブラック

有馬記念 キタサンブラック

2018年

76勝 特別賞

JRA通算4000勝を達成し特別賞を受賞。

2019年

111勝

年間100勝を達成し、50代の最多年間勝利記録を更新する。

菊花賞を制し、昭和、平成、令和でのG1勝利を達成。

G1 フェブラリーS インティ

菊花賞 ワールドプレミア

2020年

115勝

自身の持つ50代年間最多勝利記録を更新。

2021年

75勝

朝日杯を制しG1完全制覇まであと1つまでに迫る。

G1 朝日杯フューチュリティステークス ドウデュース

最後に

ダービーを制し最多記録を更新するなど、未だに最前線で活躍されています。

残りの現役機関も短いと思いますが

本人の夢と語る凱旋門賞制覇を是非達成してほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました